ティーペグへの拘り…

公開日: : ゴルフグッズ, ブログ, 用品

皆さんはティーペグに拘りはありますか?

最近は抵抗が少なく飛距離アップ!(?)とか、長さを調節でき、いつも同じ高さにティーアップできるものなどもありますが、

実はツアープロたちはいわゆるフツーの木製のティーペグを使っている選手が多く、

特にPGAの男子プロはそんな傾向が強いようで、試合会場で配られるティーを使っている選手がほとんどだったりします。

もちろん自然素材であることから、仮にティーがどこかへ飛んでもやがて土に帰るので、自然にも優しいんですよね。

T_004

でも僕らアマチュアは「5ヤード飛ぶ!」なんて謳い文句を見たらつい手を伸ばしてしまいます!

結果は打ち比べて計測したことはないのでハッキリとはわかりませんが、まあその程度ということです(笑)

その機能性のあるティーペグの中でフライングシープが気に入っているのは、同じ高さにティーアップしやすいタイプのティーペグです。

ティーを挿してド高さをライバーのクラブヘッドで合わせるのはスマートじゃないし、すんなりといつも同じ高さにティーアップできるのでお気に入りです。

やはりゴルフにはリズムが大切で、ティーアップから自分のルーティーンを決めているので目下のところこれがベストですが、

なんでもない木製のティーペグをさりげなく使うのも格好良いなあ、そう思う今日この頃です。

やはりスマートにスタイリッシュにゴルフを楽しみたいですからね!

さあ秋のシーズンも目前ですよ、FUSO DREAMの新製品も登場してますので、ぜひチェックしてくだいさね!

 

 

 



関連記事

震える事、ありますか?

私事ですが、 ショートパットで首の 後ろ側辺りが震えてしまう という癖がありました。 最初にこの震え

記事を読む

image

栗林保雄先生来社

遅く始めたゴルファーは「型」から入れ❗️ ゴルフ潜在軌道理論 練習はイン

記事を読む

4F7F2378-E350-4108-8707-91B988F2E9E8

エルドリック.タイガー.ウッズ   T.ウッズのスイングはやはり 綺麗で

記事を読む

ユーティリティアイアン

皆さんのウッドと、若しくはウッド型のユーティリティーと アイアンセットの一番長い番手との 番手間距離

記事を読む

週刊ゴルフダイジェスト

こんばんは 今日6月4日発売の週刊ゴルフダイジェスト で 「日本の職人が削ったアイアンの名器たち」

記事を読む

6836CE67-614A-4508-8BE4-3420CEF162C2

完走

  湘南国際マラソン無事最後まで   走り切って完走できました

記事を読む

BCDA540D-D6B5-4487-BA7F-499D7F47520A

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。 2017年も様々な事がありましたが、2018年のゴルフ界

記事を読む

IMG_0550

トラックマン

先日行われたプロ野球のオールスター戦。 その第1戦のTV中継では、トラックマンで計測したデータ

記事を読む

o0480064012729129973

打てばわかるさぁ⛳️

前回も紹介した、シャフト✨ マイアッタス フルレングス80tシート この弾き感

記事を読む

これいいかも!

みなさん今年の花粉対策は どうですか? 自分は今年はやばそうなので こんなのを買って見ました(^^)

記事を読む



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

C5B44253-F0B1-4D7E-833A-E554A5EE800B
インスタグラムに移行します。

2011年9月からブログで色々な情報をお伝えさせておりましたが、

15832380547300
大丸、松坂屋休業について

新型コロナウイルス感染症に伴い 休業しておりました 大丸東

B741ECE4-44BD-4DF9-A45C-B7D792C6E454

ゴルフクラシックが休刊になるとの事。  

64734594-03C4-4ECE-B98A-8454042F2746
横田プロありがとうございます。

D460M ver2が紹介されました。 ご覧ください。 &

BA0D2007-3EC8-47E8-AD80-C6639082887E
基本

テイクバックはここまで   ダウ

→もっと見る

PAGE TOP ↑