GEORGE・LOW

公開日: : クラブ

これはジャック・ニクラウスが1980年の全米オープンで

優勝したときに使用したパターです。

photo:01


弊社の近くにあるアコーディアガーデン東京ベイ

(ちょっと前まで大森のジャックニクラウス)

という練習場に飾ってあります。

photo:02

スコアカードもあります。

マーカーは青木功プロ。

photo:03


photo:04


このパターはジョージ・ローというタイプなんですが、

photo:05


photo:06


これはマグレガー製。

photo:07


L字ですが、トウ側のフェース高が高くなっています。

photo:08

世界最高峰のプレミアムパターなんです。


シャフトはトゥルーテンパー

photo:09


photo:10


このジョージ・ローというタイプのパター

パターの名手として知られたジョージ・ローが

作ったものです。

そのジョージ・ローがジャック・ニクラウスにパッティングを教えて、

そのメソッドを実践したパターです。

メジャー18勝のうち16勝がこのパターで達成されました。

当時のパター(現在の約2分の1の重さが標準)の中ではヘッド重量が重く、

ヘッドがきいたパターだったようです。

でも現代のグリーンでは軽過ぎます。

実は、このジョージ・ロータイプのパターを現代版として

開発しました。

photo:11


photo:12

この素材本当に打感が柔らい。
最高の打ち心地。

photo:13


これは LIMITED 000 番

200本限定で発売予定。

この打感をお試しください。

草場



関連記事

鍛造ヘッド

今フソウドリームではブチゴルのアイアンを販売していますが、オリジナルアイアンの開発も進めています。下

記事を読む

14628798068360

VS200+

5/17に発売となりました BUCHI VS200+ IRON その特徴について少々説明させて

記事を読む

image

BUCHI新ウェッジ

来月は恒例のジャパンゴルフフェアが開催されます。 実はBUCHIの新しいウェッジも兵庫

記事を読む

珍クラブ

先週はジャパンゴルフフェアが あり、ゴルフ業界は非常に盛り上 がっていました。そんな中、 トム ワト

記事を読む

月刊ゴルフダイジェスト

3月21日発売のゴルフダイジェスト に「全国地クラブウェッジ見本市」  特集があり、地クラブ30本が

記事を読む

BV8D1119 2

ゴルフの本質は…

フライングシープです。 前回、海外と日本のゴルフ場の違いを少し書きましたが、道具に対する観念も

記事を読む

名称未設定 1

物欲大魔王降臨の巻

今日は本当に暖かく「春」という陽気でした。残念ながら今週末は天気は崩れそうですが、 コースによって

記事を読む

image

D460M Ver2

ご紹介します。 D460M Ver2❗️ 重心距離:36.4mm

記事を読む

マッスルタイプアイアン比較

BUCHI MT-201マッスルバックアイアン。(すっぴんも良いです)マッスルバックはカッコ良いけど

記事を読む

F583F8F7-EE55-4658-928B-10ABCF1C3F15

ヘッドの大きさ

日本シリーズ 石川選手惜しかった。 でもプレーオフまで行ったのは凄いですね。

記事を読む



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

15663670387910
ZOZOチャンピオンシップ

10月に開催される ZOZOチャンピオンシップトーナメント

3BD9318F-7711-45D8-B2FA-28C97AB42C59
下りのパッティング

渋野選手お疲れ様です。 昨日の18番のバーディーパット。

423D0D1A-76A6-48BA-8268-BA139107A5E9
あれは間違い?

    昔はよく「左脇にタオルを挟んで

216747
雨でも練習

渋野日向子プロが行っている パター練習のルーティン 雨が降

964A9A59-AC7A-4181-864E-CFFC46CB966B
ヘッドクール

暑いですね。 一昨日の金曜日に埼玉県でラウンドしたのですが、

→もっと見る

PAGE TOP ↑